横山たかしさん追悼寄席「すまんのぉ~」ひろし感慨

多臓器不全のため昨年6月に70歳で亡くなった横山たかしさんの追悼寄席「すまんのぉ~、一周忌じゃ、みんな笑えよ~」が15日、大阪・心斎橋角座で開催された。 相方の横山ひろし(73)は「1年以上たってる気がしない。まだ生きててどこかから、ふ…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

バラエティの罰ゲームにちょうどいいプロレス技を発見! 千鳥ノブ「これはいいわ」

 7月3日に放送されたお笑いコンビ・千鳥がMCを務めるAbemaTVのバラエティ「チャンスの時間」で、バラエティに適したプロレス技を決める「新・罰ゲームオーディション!」が行われた。

 番組が定義したバラエティの罰ゲームに適したプロレス技とは、「見た目は派手で面白いが、実際は痛くないので演者が“おいしい”と感じるもの」。星誕期(ほしたんご)、ジョシュ・オブライエン、ハートリー・ジャクソンのプロレスラー3人が、それぞれアルゼンチンバックブリーカー、キャメルクラッチ、ロメロ・スペシャルという見栄えのするプロレス技を、千鳥とゲストのダイアンを相手に披露した。

 1人目の星誕期のアルゼンチンバックブリーカーを罰ゲームとして受けたのは、ストップウォッチ10秒止め対決に負けたノブだった。罰ゲーム開始の音楽がなると、星誕期はノブを背面状態にして肩に担ぎ上げ、アルゼンチンバックブリーカーを極めた。苦悶の表情を浮かべるノブに、スタジオは大爆笑に包まれたが、技を受け終え地面に横たわるノブからは、「アルゼンチンバックブリーカー全然痛くない」と意外なコメントが飛び出した。共演者が驚くと、ノブは、「気持ち良い。ハンモックに乗ってるかのよう。これはいいわ」と早くもバラエティの罰ゲームに適したプロレス技を発見したようだった。

 続いて、うつぶせ状態の相手の首を掴んで海老反り状態にするキャメルクラッチを受けた大悟は、涙目になりながら「喋れないからリアクション出来ない」とこの罰ゲームを酷評。最後に津田篤宏は、寝転び相手を吊り上げるように背骨を痛めつけるロメロ・スペシャルを受け、「マジで腰折れると思った。息が出来ない。罰ゲームでやってはダメですよ」と却下した。

 しかしロメロ・スペシャルを喰らった津田のリアクションと、見た目の派手さに全員が満点をつけ、当番組でのプロレス技新罰ゲームはハートリー・ジャクソンのロメロスペシャルに決まった。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】チャンスの時間#11~新罰ゲームを決める!千鳥vsダイアン!!


▶7/10(火)24:00~ チャンスの時間#12~ナンパ対決&ドッキリ!ダイアン津田のスボンをおろしまくる!

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイト。AbemaTVの番組を中心に、選りすぐりの情報をお届け。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

麒麟川島明、第2子男児誕生を「ぬるっと」生報告

お笑いコンビ、麒麟の川島明(41)が、第2子となる男児が誕生したことを生放送のラジオ番組で報告した。 川島は13日、スペシャルパーソナリティとして出演したニッポン放送「麒麟・川島明DAYS」の冒頭、「この間、子どもが生まれました。2人目…

ニッカンスポーツ・コム 芸能最新ニュース