佐野勇斗、初の刑事役は“あぶなくない”刑事「ぶっ飛んだお話」

 鈴木伸之と佐野勇斗が、連続ドラマ『俺たちはあぶなくない ~クールにさぼる刑事たち』(MBSほか、9月17日順次スタート)でダブル主演を務める。2人は若手刑事役に挑む。初の刑事役となる佐野は「ぜひご覧ください!」と呼びかけた。

 熱い昭和の刑事とは真逆の全く“あぶなくない刑事”を描く新時代のポリス・コメディドラマ。警視庁麻布中央署を舞台に、高野心(たかのしん)と世中渡(よなかわたる)の“最も後ろ向き”な若手刑事が“奮闘”する。

 鈴木伸之が演じるのは、常にコスパを考え昇進試験と署内政治に忙しい「出世刑事」高野心。佐野勇斗が演じるのは、愛されキャラを生かしつつ転職活動に勤しむ「世渡り刑事」世中渡。

 高野と世中は麻薬や半グレ集団など、都会にはびこる数多の犯罪と立ち向かう過酷な現場に身を置いているにも関わらず「定時を超えて働かない」「無理はしない」「あろうことか捜査もしない」とコスパよくさぼることを常に念頭に置いて、クールにスタイリッシュに毎日を過ごしていく。意味のないことに無理をしない、まさに現代の若者にとってのカッコいい働き方を体現した刑事だ。

 佐野にとって初の刑事役が“あぶなくない刑事”。「とにかく、いい意味でぶっ飛んだお話です」と笑む。更に「鈴木伸之さん演じる先輩刑事、高野との全力のサボりを皆さんにお届けします!」と意気込んだ。

 一方、本作が連続ドラマ初主演となる鈴木も「是非多くの方にご覧になっていただけたらと思います」と語った。

 脚本には、「バイプレイヤーズ」のふじきみつ彦、宮本武史ほか、コメディ作品を数多く出掛けてきた敏腕作家陣が集結。「さぼる」という史上最強に後ろ向きな働き方にも関わらず、いまっぽくて妙にカッコいい新時代のヒーロー像を描き上げる。

 MBSで9月17日スタート。ほか、テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、とちテレ、群馬テレビで放送。配信では、見逃し配信がTVer、MBS動画イズム、GYAOで、独占配信がTELASA、auスマートパスプレミアム、J:COMオンデマンド、milplusで行われる。

鈴木伸之コメント

最初に台本を読ませていただいた時に、非常に面白くて、すぐに読み終えてしまい「なんだ、この本は!?」と衝撃を受けました。

撮影時は現場の雰囲気やチームワークが良く、本当に毎日楽しく撮影をさせていただきました。

効率よくサボり、刑事としてどのように活躍するのか楽しみにしていただきたいです!

今回連続ドラマの主演を初めて務めさせていただいた作品でもありますので、是非多くの方にご覧になっていただけたらと思います。

鈴木伸之

佐野勇斗コメント

世中渡を演じさせていただきます。佐野勇斗です!

今回初めて刑事役を演じさせて頂きました。

とにかく、いい意味でぶっ飛んだお話です。笑

僕の役は刑事なのに、一刻も早く刑事を辞めたい!転職したい!という、なんとも現代っ子な、令和な刑事の役なのです。

鈴木伸之さん演じる先輩刑事、高野との全力のサボりを皆さんにお届けします!

一度見たら、笑い転げ、ハマること必須な作品になっていると思われます。

僕も現場で、笑いを堪えるのに必死でした…笑

ぜひご覧ください!

佐野勇斗

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット『カツベン!』で名作完全再現

 草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスが、周防正行監督映画『カツベン!』(主演=成田凌、監督=周防正行、12月13日公開)に出演することが決まった。

 映画は、サイレントでモノクロが主流だった時代を舞台に、成田凌が演じる“活弁”と言われた活動弁士を夢見る青年・俊太郎の姿を描く。本編に登場する無声映画はすべて撮り下ろし。もとの映画が現存するものは当時の映像を参考に完全再現した。

 成田凌演じる天才的な活動弁士の主人公・俊太郎をはじめとする活動弁士たちが声を吹き込んでいた劇中の無声映画に、草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスの豪華キャストが出演。彼らが出演したのは『椿姫』と1921年版のオリジナル『椿姫』、『カツベン!』での「金色夜叉」。

 世界中で幾度となく映画化され、オペラとしても知られる不朽の名作「椿姫」は、1921年に当時大人気だったルドルフ・ヴァレンチノと大女優アラ・ナジモヴァの共演の話題作を完全再現。パリの社交界を舞台に、“椿姫”と呼ばれる高級娼婦マルギュリットと都会に出て来たばかりの純情な青年アルマンとの悲しくも美しい愛の物語を、マルギュリット役に草刈民代、アルマン役に城田優という実力派俳優がタッグを組んで熱演。作品の重要な場面でもある2人の熱烈なキスシーンや、悲しいラストである病床に倒れるマルギュリットのシーンなどを最高の仕上がりで完全再現した。

草刈・城田「椿姫」

椿姫モノクロ(1921年版)

草刈「椿姫」

椿姫モノクロ(1921年版)

 劇中に登場する無声映画のもう1つは、明治30(1897)年元旦から6年にわたって読売新聞に連載された尾崎紅葉の代表作ともいえる「金色夜叉」(「金色夜叉」は、オリジナル版が消失してしまっているため、1932年版を参考に制作。時代劇スターの林長二郎の貫一と大人気の田中絹代のお宮という配役は、当代随一の美男美女の共演と騒がれ人気沸騰、空前のヒット作となりました。)1932年版をもとに制作した劇中の「金色夜叉」でお宮役を務めたのは、若手実力派女優としても名高い上白石萌音。かの有名な、許しを乞うお宮を貫一が下駄で蹴り飛ばすシーンも熱演した。

上白石「金色夜叉」

上白石「金色夜叉」

 そして「南方のロマンス」は周防監督が本作のために制作した完全オリジナル無声映画となっており、そのヒロインを、連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを演じ一躍有名となったシャーロット・ケイト・フォックスが演じる。

シャーロット「南方のロマンス」

 また「カツベン!」本編の中には他にも「ノートルダムのせむし男」、「十誡」、「不如帰」といったもとの作品があるものから、「後藤市之丞」、「火車お千」といった完全オリジナル無声映画も登場。そのすべてが周防監督の撮り下ろし作品であることから、本作への並々ならぬ熱量が伝わってくる。

 「椿姫」に出演した草刈は、「城田さんは劇中の扮装がピッタリ!短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました」と城田との共演について振り返った。また城田は、「今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした」と語り、キャスト一同元の映画へのへの再現に心血を注いでいたことを感じさせる。

 上白石は、6年ぶりの周防作品への出演に、「久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました」とコメント。今回が周防組初参加となったシャーロットは、「監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです!」と喜びを表している。

草刈民代コメント

草刈民代

(周防作品には『Shall we ダンス?』(96)、『ダンシング・チャップリン』(11)、『終の信託』(12)、『舞妓はレディ』(14)に出演)

 城田さんは劇中の扮装がピッタリ! 短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました。
私は外人の役ですが、試写でご覧になった方で、何人か全く私に気づかなかった方がいらして、すごく嬉しかったです! 椿姫はバレリーナ時代にも踊ったことがあった作品でした。こういう形でまた同じ役ができるのは楽しいことです。

城田優コメント

城田優

(周防組初参加)

 今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした。基本的には、感情の部分より、物理的な動きに関してのやり取りが多かったので、周防監督には、是非また違う作品で、”お芝居”の演出を受けたいと心から願っております。今回は、実在した無声映画を観ながら、監督や草刈さんとともに、お芝居のタイミングや手の角度まで、細部にこだわり、完全再現しま した。非常に”時代”を感じられる仕上がりになっていると思います。

上白石萌音コメント

上白石萌音

(周防作品には『舞妓はレディ』(14)に出演)

 6年ぶりの周防組は、久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました。

 カタカタと音を鳴らして回るフィルムに、映画の長い歴史を感じました。その一部になれたこと、本当に嬉しかったです!

シャーロット・ケイト・フォックス

シャーロット・ケイト・フォックス

(周防組初参加)

 この作品に参加させていただいた時間はとても素晴らしかったです。

 劇中劇は「風と共に去りぬ」に似た世界観で、とてもワクワクしました!子供の頃初めて観た映画の一つだったので思い出深く、なんとも美しい素敵なシーン。監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです! Thank you very much!

音楽&エンタメニュースサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「半沢直樹」憎まれ役たちの“可愛い一面”。大和田は絵本作り、副頭取は女装…

 初回放送から話題のドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜夜9時~)。勧善懲悪で爽快なストーリーとあわせて、主人公の半沢(堺雅人)を追い詰める敵役たちの憎たらしさに満ちた顔芸も見どころ。 View this post on […]