【ガチ検証】ソニーの「NHKが映らないテレビ」を買ってみた → 予想外すぎるまさかの展開に…

2018年7月末、世間から大きな関心を寄せられたソニーの『NHKが映らないテレビ』こと「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」がいよいよ発売となった。同商品はチューナーを搭載していないモニターであり、厳密に言えばテレビとしての規格は満たしてない。

だが、Androidが搭載されているため「TVer(ティーバー)」や「日テレアプリ」などのアプリをインストールすれば「民放放送だけを視聴できる」と言われていた。だがしかし、実際に『NHKが映らないテレビ』を購入してみたところ、思いもよらぬ落とし穴が待っていたのだ──。

・法人で購入

商品名からもわかる通り、「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」は法人でしか購入できない。そのため今回はロケットニュース24として同商品を購入し「本当にテレビとして機能するのか?」を検証することにした。

「TVer」は見逃し配信をメインにしているが、その他の民放各局が展開している「日テレアプリ」「TBS FREE」「テレ朝アプリ」「FOD」「テレ東動画」……などを駆使すれば、テレビに近い機能を果たすのでは……? これが上手くハマれば本当に『NHKが映らないテレビ』として使えるかもしれない。

・最安値でも10万円オーバー

そうなれば、まずは「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」の購入からだ。ソニーに問い合わせ見積もりを取った結果、一番小さな43インチで10万3032円(消費税・3年保証込み)であった。ぶっちゃけ安くはないが、受信料が発生しないならば3年足らずで回収できる計算だ。

さて、見積もりや発注、振り込み……などの事務作業を経て「BZ35F / BZシリーズ」が会社にやってきたのは、手続きを始めてから2週間ほど経ってから。テレビではなくモニターではあるが、さすがのソニークオリティでディスプレイに映し出される映像は鮮明そのものだ。

・落とし穴

まずはWi-Fiなどを設定し、Googleアカウントで「Google Play」にログインすれば準備万端。あとはTV系のアプリをインストールし「テレビとしての機能を果たすのか?」を検証するだけである。だがしかし……。

ないのだ。アプリをダウンロードする「Google Playストア」でいくら検索しても「TVer」も「日テレアプリ」も「TBS FREE」も「テレ朝アプリ」も「テレ東動画」も一切表示されないのである。スマホやタブレットからならいくらでも見つかるのに、なぜか「BZ35F / BZシリーズ」のGoogle PlayストアではTV系アプリが壊滅状態なのだ。

まさかNHKの圧力なのか……?

……と一瞬 頭によぎったが、調べていくとそういうわけではないらしい。なぜなら「FOD(フジテレビオンデマンド)」だけは視聴が可能だったからだ。

・アプリ側が規格に対応していない

どうやら、アプリには例えば「スマホ向けアプリ」「タブレット向けアプリ」など、様々な規格のアプリがあるらしい。「BZ35F / BZシリーズ」は「Androidテレビ」というジャンルになり、その「Androidテレビ」の規格に「TVer」などのアプリ側が対応していないようだ。

というわけで、2018年8月中旬の時点で『NHKが映らないテレビ』は『フジテレビしか映らないテレビ』となっていることを報告しておく。おそらく今後、アプリ側が対応しないことは考えにくいので、アプリが搭載され次第、テレビとしての使い心地を読者のみなさんにお伝えする予定だ。

参考リンク:ソニー「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

松尾スズキという哲学「“笑い”がすべて」

テレビや映画で、この人を見ると目が釘付けになる。一見、渋いオジサマだが、只者ではない空気感が漂う男・松尾スズキ。演劇界きっての人気劇団・大人計画を率いて30年。脚本・演出を担当、自ら俳優として出演することも多い。

「大人計画を立ち上げた頃は演劇をやりたいのか、笑いをやりたいのか、まだフワフワしていました。初期はコントだけの公演も多かったんです。宮沢章夫さんとの出会いが大きくて。彼は放送作家でもあり、シティボーイズや竹中直人さんなど超有名な人と芝居して、すごくリッチな匂いがしました。コントの作り方は彼から教わりましたね。温水(洋一)とコントをやったことでテレビから仕事が来たり、宮沢さんにラジオの仕事に呼んでもらい、松尾貴史さんとコント。2年以上、毎週5本のコントを作りましたから、かなり鍛えられました。それと並行してコラムの仕事が入るようになった。演劇で食べられるようになったのは、だいぶ後。僕の歩みが鈍いから、ここまで来るのに30年かかってしまった感じです。いろんなことに手を出しているから、ジワーッとしか進まない。今では大人計画は笑いに取り組む人たちの中で、独自の島を作っている気がしますね」
 

所属俳優には、宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々、池津祥子、平岩紙らがおり、まさにスター軍団。劇団公演はチケット入手困難で、テレビや映画でも彼らの顔を見ない日はない。

「なかでも阿部のスター性はすごかった。グループ魂の人気も重なって、若い頃はキャーキャー言われていましたから。演劇の公演なのに、客席にずらっと並んだ観客が〝阿部サダヲLOVE〞と書いたバナーを持っていて、何しに来たのか(笑)」
 
劇団に入団する際、松尾が重要視したのは笑いのセンスだ。

「阿部の人を笑わせる才能は未知数でした。他の人と全然違った。軍服を着ていたので、落としたら何されるかわからないという怖さもありましたね(笑)。宮藤官九郎は演出助手で入ったけど、最初から面白かった。あと荒川良々も」

松尾は劇団関連と俳優業以外にも、外部の脚本・演出、映画監督、小説家、エッセイストなど、実に多才。小説に関しては、今年、三度目の芥川賞候補となった。現在、映画制作も進んでいる。

「何かをすると、それをきっかけに別のメディアでのアイデアが生まれます。それを追いかけるうちに、また別の…と、経験が発想を生んで、それを追いかけながら今に至る。目の前をふらふらと飛ぶ蝶々を追っている感じです。何かを目指したわけではなく、その時々の選択でうまく転がってきた。もしサラリーマン生活が居心地よかったら、もし漫画家になろうとしたときに一本でも作品が売れたら、今の自分はない。今振り返ると失敗が良い選択を生んできた。当時は挫折の連続でしたけどね」
 

そんな松尾に“いい男”像を聞くと、しばし悩んだ。

「いい男…難しい質問だな。例えば舞台で一緒に立つ阿部を見ていると、惚れ惚れする時があるんです。こいつ、どこまで伸びしろがあるんだろう?っていつも思っちゃう。20数年一緒にいるけど、想像の上をいく瞬間がまだまだある。あと、横尾忠則さんは長いこと憧れの人です。天才は量を伴うといいますから」
 
その点、松尾も常に表現しているのではないかといえるほど多作だ。

「量だけはね。でも僕、メジャー感がないんですよ。普通に電車に乗りますし(笑)。若い頃は時間はたくさんあると思い込んでいましたが、さすがにこの歳になるとリミットが見えてきた。あとどれくらいのことができるだろう?と思うと、気が急く。一人しかいないから、急いでもしょうがないとわかっている。でも人生足りないよ、と思うことがモチベーション。あ、いい男…笑いを忘れない人かなあ?笑えない空気にするタイプの人っているじゃないですか。そういう人を見ると、セクシーじゃないなと思っちゃう」

プライベートでも、常に笑いを意識しているという。

「例えばセミが死んでいる。それは怖いのか、笑えるのか。ベランダでセミ二匹の死骸が平行に並んでいるのを見て、死に際に位置を揃えたくなる何かがあったのかな?とか、想像してしまいます。妻がセミを過剰に怖がるので、それをうまく笑いに変えられたらいいなあと。僕は笑えることが全てだと思って生きているので。ニュースを見ていても笑いどころを探してしまいますね。最近は日本ボクシング連盟の山根明元会長に夢中でした。最近、見ていないからちょっと寂しい(笑)」

世の中に物申したいことを聞くと、

「ないですね。ただ、政権を批判するような表現がだんだん潰されてきている気がしてならない。それは不自然でうっすら怖いこと。ただ、権力の抑圧から解放されるには、批判する方法だけではなく、表面的な表現ではない、違う潜行の仕方があると思います。僕が政治のことを言い始めたらおしまい。それはもっと知的な勉強をした人がやればいいことで。僕はもっと生理的な部分、それこそ笑いで、イデオロギーと別のところで戦っていきたいです。人間の心は絶対に自由だと言い続けたい」
 
ここで、再び“いい男”の質問を思い出した松尾。

「そうだ! いい男とは、自由だなあと感じられる人じゃない? 高田純次さんみたいな人は自由ですごくかっこいい。今、自分からカテゴライズされにいこうという風潮があるじゃないですか。みんな不安なんだよね。でも少なくとも、魂は自由でいなければ!」

松尾スズキ+大人計画
30周年記念イベント「30祭(SANJUSSAI)」

会期/2018年12月18日(火)~30日(日)
会場/スパイラル(東京・表参道)

大人計画大博覧会

2018年12月18日(火)〜27日(木)

松尾スズキ30周年記念ファミリーコンサート
“なんとかここまで起訴されず”

2018年12月25日(火)、26日(水)

名作上映会と愉快なトーク

2018年12月28日(金)、29日(土)
他にもイベント多数!
URL/http://otonakeikaku.jp/

クリエイションが詰まったインターナショナル・モード誌『Numero TOKYO』のWEBサイト

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

20年間苦しみ続けてきた精神科医だからこそわかる、「発達障がい」との上手なつきあい方


『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』(西脇俊二著、ワニブックス)の著者は、テレビドラマの医療監修を担当したり、自らメディア出演をするなど、幅広く活躍する精神科医。人の悩みを聞き、心の問題を解決する立場にいるわけですが、実は中学生時代から30代半ばまで20年以上、自身も苦しみ、もがき続けてきたのだそうです。「人の心を治す」という職についていながら、そのころは周囲への違和感ばか

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。